FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

チャペック兄弟と子どもの世界展

チャペックj
 西に向かい一回転する台風があるなんてびっくり!の8月になりました。
 自慢じゃないですが、1月以降、娯楽としての本を読むこともせぬまま、8月になりました。
 そんななか、芦屋市立美術館で開催されている「チャペック兄弟と子どもの世界」(~2018年9月9日)に行ってきました。

 子どもの絵と子どもの本の挿絵が中心なので、彼らの背景を考えるより、敷居が低く、最近、読んでいない「長い長いお医者さんの話」(カレル・チャペック文 中野好夫訳 ヨゼフ・チャペック絵 岩波)やヨゼフ・チャペック挿絵の「魔女のむすこたち」(カレル・ポラーチェク文 小野田澄子訳 岩波)を読み直してみたいと思いました。
 ヨゼフ・チャペックの描く子どもの姿は、描き方が異なっていても、どれも、子どもへの暖かい眼差しで描かれ、ナチス収容所で死亡したとされる彼の生涯を思うことはありませんでした。が、しかし、その画材を見ると、質素で素朴です。同じ時代を生きたスイスのパウル・クレーの「わすれっぽい天使」をはじめとする大量の絵を思い出しました。

 会場の垂れ幕にヨゼフ・チャペックのこんな言葉が掛かっていました。
≪こどもたちはいつも遊んでいる。満足することはいちどもないし、これからもずっとそう。かくいう私も満たされることはないと思う。子どもの頃におぼえた童謡のことは、今でも探しつづけている。茂みから聞こえてきたかと思うと、はずれのほうからも響き、道路や別荘から聞こえてきたかと思うと、草のあいだからも聞こえてくる。その歌のすべてをわかることはないと思うし、その歌が完成したり、安定することはないと思う。それは簡素な歌だけれども、小さな宇宙をすべて包みこみ、中を満たすことができるのだ。(1935年)≫

 ・・・・するうち、読みたい本、知りたいことが、まだまだあることを思い出す8月になりました。

PageTop