FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ハーブティ

ベルベーヌj
 古筆のお稽古の度に京都に行っていると、お昼を食べるお店が、それぞれのエリアで決まってきています。
 平安神宮付近には、美術館が3つもあるということもあり、よく行くのが、「失われたときを求めて」(AU TEMPS PERDU)という名前のフレンチのお店です。で、そこのランチで、いつも注文するのが、ハーブティの「ベルベーヌ」。

 フランスのハーブティとして有名らしいのですが、このお店で初めて飲んでから、いい香りのそのお茶のファンになっています。
 それで、毎回、これを注文していたものの、今回は摘みたて新茶(店の庭先で、栽培している)だったようで、いつもより、さらに いい香りで、色も清々しいものでした。

 イギリスのエルダーフラワーティといい、ハーブティは、そのいい香りで、なんだか、疲れも取れる気がします。
 今は、家に 授乳中の娘もいて、カフェインレスの飲み物が中心なので、カモミールティを よく飲みます。
 カモミール(かみつれ)は、「ピーター・ラビットのおはなし」「(ポター作 石井桃子訳 福音館)で、食べ過ぎのピーターに、お母さんが煎じたのでしたね。
≪きのどくに、 ピーターは、 そのばん おなかのぐあいが よくありませんでした。おかあさんは ピーターをねかして、かみつれをせんじて ピーターに 1かいぶんのおくすりをのませました。「ねるまえに 大さじに 1ぱいですよ。」≫

PageTop