FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

横山大観展

      横山大観j
 西日本では、大雨被害の全貌がなかなかわからないまま、梅雨明けし、××あづい!日々がやってきました。
 まだ、孫二人と産後の娘が居るものですから、古筆のお稽古は さぼり、せめてめの気晴らしにやっぱり、京都でお昼を食べたいと出かけたものの、やっぱり××あづい! そんな京都を歩く気なんかしませんから、新聞屋さんにもらったチケットで行ける涼しい京都近代美術館「生誕150年 横山大観展」の後期展示(~2018年7月22日)へ。

 あらあら、平日の午前なのに、とても混雑しています。みなさん新聞屋さんからもらったチケットがあるのだろうか?など、思いながら展示を見ました。
 自ら見たいと思って行ったのでないからかもしれません。 
 「富士といえば大観、大観といえば富士」というものの、たくさんの富士山の絵を見ながら、「やっぱり、北斎の富士の方が好きやわぁ…」とか、かなりデフォルメされた六曲一双の屏風絵「群青富士」を見ながら、デフォルメの山の屏風なら室町時代に描かれた「日月山水図屏風「」➡➡の方が好みかも」・・・などと、勝手なことをつぶやきながら、見て回りました。

 戦争画家としての横山大観というフィルターはなかったものの、単に好みの問題か、絵葉書も買わずに美術館を後にしました。
 同じ戦争画に関連して思い出すのは、藤田嗣治⇒⇒ですが、日本画壇に残り、こうやって、生誕150年と大きく優遇されているように見える横山大観との差は、どこなのだろうか?と考えるものの、結局は日本に戻らなかった藤田と、日本で叙勲された日本画家の違いだろうかと、考えたりもしました。

PageTop