FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

あのとき このとき

ニーダーホルン201614
 大阪北部に地震。
 有馬高槻断層・・といっても、知らない人には知らない位置でしょうが、阪神淡路の震災のときの、すぐ東の断層。
 専門家は、その関連を否定していますが、カ・リ・リ・ロ自身が、阪神淡路の震災の時は、有馬高槻断層の西端、ないし、その切れ目みたいなところに住んでいて、家屋一部損壊の被害を受けていますから、学問上、たとえ、無関係と言われても、地球の大きな長い歴史から考えると、この度のも、阪神淡路のも、さらに、日本中の、もっというと、地球の上の動きも、関連しているのだと、素人なりに考えます。

 その時、カ・リ・リ・ロは、先日来の指の怪我が、やっと乾いたので、さあ、泳ごう!と、電車でジムに向かっておりました。ちょうど、停車中でした。列車の連結で、衝突したのか?と思ったとたん、アラームが一斉に鳴り響き、ホームにいた居た人が、揺れているのが見えました。

 阪神淡路のときより、揺れは小さく、短かったので、躊躇することなく、タクシー乗り場に向かいました。すでに20人近くの人が並んでいました。1時間以上待って、近くに並んでいた人たちと相乗りし、帰宅しました。もちろん、道は混んでいましたが、やっぱり、阪神淡路の混とんを思い出すと、これくらい大丈夫という気持ちになりました。

 タクシーで大阪に向かっていたら、もっと混んでいたと聞きました。駅に停車していず、線路の途中で止まっていたら、長時間、閉じ込められていたともわかりました。が、しかし、大変な事態なのに、初対面の人たちが、相乗りする人が居ないかと声をかける姿を見ると、地震や災害を乗り越えてきた、人間の落ち着いた行動の端を見た気持ちになるのです。
 あの時も、停電や断水やガスの不通・・・震源地を少し離れただけで、お風呂を提供してくださった方々が居て、有難かったことを思い出します。
 神戸の実家に住む年両親に水を提供し、見舞ってくださった方々。両親とは、何の縁もなかったのに・・・
 手に負えない地震に出会うとき、人は人の優しさを知ることもできるのだと前向きな気持ちをもちます。

 震源地周辺の大阪北部の被災状況は、さぞや大変なことだとおもいます。どうぞ、この場を乗り越えて・・・・
☆写真は、スイス ニーセン頂上付近

PageTop