みんなみすべくきたすべく

白沙村荘から大文字が見える

白沙村荘9

白沙村荘8
(承前)
 白沙村荘の敷地には、橋本関雪の遺志を継いだ記念館(美術館)があり、その二階テラスからは、大文字山が真正面に見えます。
 その1階で、「名作の帰還 〜琵琶行・木蘭・秋桜老猿」展(~2018年5月13日)が開催されていました。千葉県のDIC川村記念美術館に収蔵されていた3作品が、白沙村荘に戻ってきた記念すべき展覧会なのです。(この辺りのことは沼辺信一さんのブログ➡➡  ⇒⇒に詳しい。)

 自宅に居ながらにして、大文字火の送り火のが見えるなんて贅沢です。きっと、真夏の夜に、心地よい風も吹くんだろう。
 受付の方も、記念館の方も、みんなこぞって、このテラスの案内をしていました。「『大文字』が見えますよ。」と・・・
 橋本関雪の思いを引き継ぐ人たちで、守られていく白沙村荘。維持するのは大変だろうと思います。せめて、足を運ぶだけでも貢献ができればと思います。(続く)

白沙村荘13

PageTop