みんなみすべくきたすべく

ぞうさん

 ぞうさん2j
(承前)
「ぞうさん」(まどみちお詩 中川宗弥絵 福音館)
 まどみちお詩が入っているこの絵本(楽譜つき)➡➡の挿絵は中川宗弥です。奥さんの中川李枝子文の「とらた」の絵本や「ももいろのきりん」(福音館)など、ご夫婦が組んだ仕事も多いですが、石井桃子「ありこのおつかい」「ノンちゃん雲にのる」(福音館)、アリソン・アトリー「チム・ラビットのぼうけん」(石井桃子訳 童心社)などの挿絵の仕事もあります。

 子どもの絵本に多い具体的な描き方とは違うこの画風は、読みものの挿絵「ノンちゃん雲にのる」や「チム・ラビットのぼうけん」など、あるいは、「ぞうさん」のような詩の世界を表現するのに適していると思います。特に、まどみちおの詩のような優しい気持ちが伝わるものに、ぴったりです。

 書き込み過ぎで、もとの詩の世界を邪魔する挿絵(カット)の多い詩集、歌の本もあるなか、抽象的な雰囲気すらある挿絵は、その詩のイメージを広げるものが多いと思います。(続く)

PageTop