FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

しだれ桜と青紅葉

しだれあおもmじ12j
(承前)
 千本釈迦堂 大報恩寺は応仁の乱のときも両陣営から保護を受け、戦火を免れたので、京洛(京都市内)最古の建造物なのですが、日頃は開扉されないご本尊の重要文化財の釈迦如来像、快慶や定慶の作品を所蔵しています。

 宝物殿は、人出でごった返す京都とは思えないくらい、閑散としています。
 絵葉書も売ってないし、もちろん館内撮影禁止なので、そのお姿をここに紹介できませんが、定慶作の六観音像(鎌倉時代)の美しいこと。優美なこと。とはいえ、所蔵の平安時代の立像と比べると、力強さも加わって、ほれぼれします。この六体を拝観しただけでも、ありがたい。こんなにまじかに大きな観音さまを拝める機会も、そうそうありません。
 おかめ節分だとか、大根焚きで有名な千本釈迦堂ですが、もっと、このお宝を、広く世に知らしめてもいいんじゃないか・・・・

 と、思ったら、2018年10月2日~12月9日東京国立博物館 平成館で「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」展というのが開催されるようです。今と違って、当然、凄い人出でしょう。(ここでなら、絵葉書くらい手に入るだろうけれど・・・)
☆写真は、千本釈迦堂 大報恩寺の阿亀桜(おかめざくら)、向こうには、すでに綺麗な青紅葉。少し写る屋根は、国宝の本堂。
 

PageTop