FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

絵本「いちご」

いちごj
(承前)
 「しゅっぱつ しんこう!」(山本忠敬さく 福音館)⇒⇒は、ボロボロになったペーパーバックの年少版こどものともでしたが、孫のために新しい1冊を購入。
 「くだもの」(平山和子 福音館⇒⇒も然り。
 が、未だ、ボロボロのままの1冊ながら、孫のお気に入りが、「くだもの」と同じ作者の「いちご」(平山和子 福音館)です。
 ペーパーバックの、その本も、他の二冊同様、表紙と中身が外れたもののですから、セロファンテープで修理。そして、経年劣化したテープは色づき、凄い1冊に。
 この絵本がボロボロになったのは、長女(孫の母親)が大好きな絵本だったからです。
 そして、いま、長女(母親)が読むその中身に、劣化はなく、最後のページで、いちごがみんな「さあ、どうぞ」「さあ、どうぞ」「さあ、どうぞ」・・・と、言い出す楽しさは、やっぱり、そのまま。いちごの好きな子どもの心を誘います。
 
 今は季節外れのいちごですが、先日、冷凍いちごで、ヨーグルトにかけるソースを作ってみました。すると、どうでしょう。秋の香りとはまったく違う、苺の甘い甘い香りが漂いました。
 いちごの好きな大人の心を誘う香りでした。「さあ、どうぞ」
☆写真は、英国 ケルムスコットマナーのいちご⇒⇒

PageTop