FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

北斎展

   北斎1j
(承前)
 とはいえ、やっぱり大阪あべのハルカス美術館の北斎は行っておかなくちゃ・・・
 そうなのです。実は、会期前半に一度行ってみたのです。がしかし、チケットの列、入場の列にひるみ、北斎は今までたくさん見てきたし…娘の応為も何枚か見てるし・・・まだ見ぬ「濤図」はいつか小布施で、見たらいいし・・・と、あきらめたものの、やっぱり、やっぱり、「広重展」⇒⇒に行ったのに、「北斎ー富士を越えて」展(~2017年11月19日)に行かないのは、片手落ちのような気がして、チケットはコンビニで先に入手して、並びました。

 およそ1時間、やっと入れても、当然、凄い人並み。行くと決めたときから、見たいものは決めていましたから、並んだ時間に比べ、館内に居たのは、ほんの少し。
 北斎の富士と大波のコーナーは、有名どころの浮世絵中心なので、見るのも列をなしていました。
 北斎60歳から90歳までの作品に焦点をあてたこの「北斎ー富士を越えて」展は 浮世絵だけでなく肉筆画も多く、大阪とロンドン大英博物館だけで開催するには、もったいない充実感。
 
 娘、応為の「吉原格子先之図」⇒⇒は 後期のみ展示で、小さな作品には、より多くの人だかり。
 隣にあった「関羽割臂図」は、クリーブランド美術館蔵だったので、この際、見ておかなくちゃと行ったのです。応為の絵は、北斎に比べ、極端に少ないのです。が、この絵の前では、わりと空いていて、しっかり見ることができました。
 当時の女性の絵とは思えないような、力強いタッチで、恐ろしい光景を描いているのですが、背景の食卓を見ると、細やかな食材が。一枚の絵の中に生き生きとした物語が描かれるのは、父親の北斎を受け継いでいるのでしょうね。

 また、小布施の「濤図」は、思い通り、生き生きとした波がしらが元気をくれました。これは、やっぱりいつか、小布施に行ってみなくちゃね。
 で、一番最後にあった「雪中虎図」は、北斎90歳の作品。これ上記写真左に写るものですが、これこそ、実物見てよかった・・・とげとげしさのまったくない自由で喜びに満ちた虎が愛おしい。(続く)
 

PageTop