FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ラモーのメヌエット

    ドーデ―j
(承前) 「風車小屋だより」(ドーデ― 桜田佐訳 岩波文庫)の中で一番可笑しかったのが、「三つの読唱ミサーークリスマスの話」➡➡でしたが、この短編は、ドーデ―の「クリスマス物語」の中の一篇であると解説されています。
 そして、その「クリスマス物語」の中のもう一篇が「マレー街の降誕祭の祝宴」という短編で、「月曜物語」(ドーデ― 桜田佐訳 岩波文庫)に入っています。

 こちらは、ディケンズの「クリスマスブックス」の中の「クリスマスキャロル」を意識したのじゃないかと思わせる内容です。
 タイトルの「マレー街・・・」からして、スクルージ&マーレイ商会のマーレイを思いだしたし、かつての館の住民たちが幻想(幽霊?)として現れるところもよく似ています。ただ、クリスマスキャロルより短いお話なので、その場の雰囲気は伝わるものの、スクルージの心の変遷を描いたものに比べ、二代目マジェステの心の深みを読み取るまではできません。しかしながら、ロンドンの幽霊やそれが見せたもの、フランスの幽霊とその登場場面の違いは楽しめるかと思います。

 かつて繁栄していたネーモン家のお屋敷が今や炭酸水製造者の倉庫兼工場兼住宅となっていて、その頃の紋章は炭酸水の商標に。
 そんな屋敷に、クリスマスの祝宴を終え、鼻歌を歌いながら家路についたマジェステ氏。
 そこで見たものは、
≪・・・・次第に炭酸水のあわが彼らを元気づけ、興奮させ、彼らに踊りたい気持を起こさせた。メヌエットが組み合わされた、ネーモン氏が招いた四人のじょうずなヴァイオリンひきがラモーの曲を始めた。全部が三連譜で、急調の中に軽い憂うつなところがある。美しい老婦人たちが静かにまわって荘重な楽の音に合わせてあいさつするのは見ものだった。この音楽のために彼女たちのお化粧も衣装も若返り、また、金をちりばめた胴着、金の飾りのあるの礼服、ダイヤモンドの留め金のついたくつも若やいだ。羽目板までがこの古曲を聞いて生き返ったように見える。二百年も前から壁に閉じ込められている古い鏡もこの歌が分かると見え、すっかり傷んで角が黒くなってはいるがものやわらかに輝いて、踊る人たちのしみじみした昔をしたう淡い姿を映している。こういう典雅さの中で、マジェステ氏は当惑してしまった。彼は箱の後にうずくまってながめている・・・・だんだん夜があけてきた。倉庫のガラスをはめた戸口から、広場が白んできて、それから窓の上、その次ぎに部屋の一方がすっかり明るくなるのが見えた。光が差し込むにつれて、人々の姿が消えて行き、見分けられなくなって行った。・・・・・≫

 それで、このラモーのメヌエットなる曲を知らなかったので、WEBで聴いてみましたら、うーん、すっかり気分はバロック。(続く)

☆写真は、スイス グリュイエール城

PageTop