みんなみすべくきたすべく

漢字ミュージアム

漢字1
 久々に京都です。が、まだ、暑いので、お稽古前遠足は、空調のあるところ。
 前から行ってみたかった八坂さん前の漢字ミュージアム。

 なかなか企画展が面白いようで、夏休みは子どもたちで賑わったようです。
 夏休みもあけ、紅葉シーズンでもないので、ちょっと見やすく「ため」になる時間を過ごすことができました。というか、体験型ミュージアムは、楽しかった!!

 最近、日経に連載されている阿辻哲次さんの「遊遊 漢字学」を読むようになって、ちょっと漢字に近づきたい気持ちがあったのです。
 「あつじ てつじ」という、漫才コンビみたいなお名前の学者さんの文章は、 時にユーモアを交えながら、語源などを解説する文章で、読みやすく、その漢字愛が伝わってきます。
 聞くところによると、活版印刷屋さんのご子息で、漢字には、小さい時から親しんできたようですから、漢字学者になられるのは、当然のなりゆきかも、と思うと、それもまた楽しい。

 それで、そんな記事を読まないような子どもたちなら、いえ、漢字を今まで使ってきた大人でも、漢字ミュージアムの体験型学習(?)は、ふーん、へぇーと楽しみながら、漢字にアプローチできます。
 なにより、すべて、判るわけではないところが魅力で、料金に「年間パスポート」と表示されているのにも、納得がいくのです。
漢字2
 
 さて、建物の大黒柱は、五万字タワーというものになっていて、五万字の漢字が書かれています。あまりに面白い字を見つけるのに夢中になり、お稽古に行く時間も忘れかけ、「おっと、とっと!」と、時間切れ。 ・・・ということで、次回、雨降りでお稽古前遠足がままならないときには、「また、行こう!」
漢字3

漢字4

PageTop