FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

その声が聞こえそうな臨場感

グローブ門j
(承前)
 シェイクスピア「冬物語」(小田島雄志訳 白水社Uブックス)

久しぶりに小田島雄志訳のシェイクスピアを読んだら、やっぱり面白くて、一気読み。
シチリアの王リオンティーズが、嫉妬に狂っていく様子が、手に取るようにわかります。
台詞を聞いていないのに、その声が聞こえそうな臨場感。
主要人物のひとりごと、つぶやき、叫び。これらが、ぐっと迫ってくるのが、シェイクスピア。
それに、シェイクスピアの面白いところは、ちょっとしたボタンの掛け違えが、大きな流れを誘い、笑いを取ったり、涙を誘ったり。
時代は、ずいぶんと違っても、人の心、人の心の駆け引き、そしてやり取りは同じだと、納得するのです。

 個人的な問題ですが、一つ難を言うとすると、西洋の戯曲は、名前を覚えるのに一苦労。
 よく似ているし、経年劣化の頭脳には入らないカタカナの名前。したがって、このシェイクスピアの白水社Uブックスの巻頭にある「人物紹介」のページは、必須です。舞台でなら、名前より人物やその服装、喋る様子などでも、区別がついていくのでしょうが、印刷されたものだと、主要人物以外の様子はなかなか把握しづらいものです。(続く)
 
☆写真は、ロンドン グローブ座テムズ川沿いの門扉

PageTop