FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

新アラビヤ夜話

カルチェラタンjj
(承前)
  この際、読んでなかったこの薄っぺらい岩波文庫も読んでおかなくちゃ・・・「新アラビヤ夜話」(スティーヴンスン作 佐藤緑葉訳 岩波文庫)

 「南海千一夜物語」と「新アラビヤ夜話」と言う題名から、勝手に同じシリーズかと勘違いしていたのですが、前者は、南海の話で、後者はそれこそ、アラビヤの千一夜物語に着想を得て、いろんな話が、入っています。・・・といっても、岩波文庫には、3篇のみ。「醫師と旅行鞄の話」「帽子箱の話」「若い僧侶の話」

 「新アラビヤ夜話」(南條竹則・坂本あおい訳 光文社文庫)には、もう少しお話が入っています。
 こちらの光文社文庫には、「自殺クラブ」-クリームタルトを持った若者の話・医者とサラトガトランクの話・二輪馬車の冒険 「ラージャのダイヤモンド」-丸箱の話・若い聖職者の話・緑の日除けがある家の話・フロリゼル王子と刑事の冒険—-ーの7篇が入っています。

 で、この2冊とも、とっくの昔に我が本棚に鎮座していたのに、ちゃんと読んでいなかった。
 が、なにゆえ、この2冊が・・・
 サマセット・モーム「人間の絆」にこの本が出てくるのです。「人間の絆」(上中下)には、絵画も本もたくさん紹介されて、いずれ読み返さねばと思っているのですが、その中に、
 苦境に立つ主人公フィリップが公共図書館で借りた本が、この「新アラビヤ夜話」。
≪・・・公共図書館に行って、飽きるまで新聞をいくつも読み、それからスティーヴンソンの『新アラビヤ夜話』を借り出した。しかし、目で活字を追っても、少しも頭に入らない。考えるのは、自分の苦境のことばかりだった。あまり長い時間同じことばかり考え続けたので、頭が痛くなった。とうとう新鮮な空気が吸いたくなり、図書館を出て、グリーン公園に行って芝生の上に寝転がった。・・・≫

 そうですよね。自分のことで精一杯のときは、活字を追うのは、ままならず、ましてや、想像力を駆使して、お話にのめりこむということもできない。読書ができるのは、健全な証拠ということかもしれない。
 ということで、「人間の絆」の主人公フィリップが読めなかったのは、「新アラビヤ夜話」が面白くなかったからではありません。(続く)

*「人間の絆」上中下(サマセット・モーム作 行方昭夫訳 岩波文庫)
☆写真は、パリ サンジェルマン付近の水ギセルの店。

PageTop