FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ピーレットのやさいづくり

絵本1j
「ピーレットのやさいづくりーちいさな こどものための やさいばたけのおはなし」(ウルリカ・ヴィドマーク文 イングリッド・ニイマン絵 高橋麻里子訳 岩波)

 以前、お話の本ではないものの、ゲルダ・ミュラーの「ソフィーのやさいばたけ」という絵本を紹介したことがあります。➡➡
 こちら「ピーレットのやさいづくり」は、小さな女の子ピーレットが畑を耕し、水をやり、手入れをして、収穫、市場に並べるまでのお話の絵本です。

 ピーレットも可愛ければ、いつもそばに居る犬のピフも可愛い。
 小さな子が、何かに真剣に取り組んでいる表情そのままが描けています。

 色は、黒、黄色、緑、赤と、ピーレットの肌の色だけですが、いちごも、ラディッシュも、パセリも、人参も、豆も、そして赤い花、黄色い花も、ちゃーんと描けています。すっきり表現された絵は、単純なお話を生き生きと伝えています。
 
 この絵本で、嫌いな人参を食べてもらおうなどと思うなかれ、人参もピーマンも、いつか、そのうち食べられるようになるんだから、せいぜい、絵本のなかのピーレットの頑張りを、楽しんでみてください。

*「ソフィーのやさいばたけ」(ゲルダ・ミューラー作 ふしみみさを訳 BL出版)

PageTop