FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

少年少女文学全集を立ち上げる

妙顕寺5j
 「文学全集をたちあげる」は、丸谷才一・鹿島茂・三浦雅士の三者が集まって、架空の文学全集をたちあげる対談集です。
 各国の文学を新旧、よく読んでる人ばかりが、思いのたけをぶつけ合って(と、いっても、好みが似ていたり、譲ったり、飲み込んだりしながら)、本当に楽しそうに架空文学全集を企画します。

 個人的に納得するラインナップもあるし、万一、自分も参画したら、こっちを押すなぁとか。
 とはいえ、全然読んでない作家や国のも多く、はあ、そうなんですか・・・というしかない。
 ところが、今まで、割と読んできたつもりの少年少女文学集部門は、ちょっと納得がいきません。
 彼らの選んだ 架空「世界文学全集巻立て一覧」はというと、
 123 童話集:イソップ ペロー グリム アンデルセン サン=テグジュペリ
 124 少年小説集:マロ「家なき子」ウィーダ「フランダースの犬」ルナール「にんじん」アゴタ・クリストフ「悪童日記」ストーカー「ドラキュラ」コローディ「ピノキオ」
 124 少女小説集:オルコット「若草物語」モンゴメリ「赤毛のアン」バーネット「小公子」「小公女」スピリ「ハイジ」
 125 ルイス・キャロル/エドワード・リア/アルフレッド・ジャリ: 「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」「ナンセンスの絵本」ほか「ユビュ王」

 うーん、この最後の「ユビュ王」というのは読んだことがないけれど、ほとんど、大体が児童文学の古典。いわゆる文学年表にでてくるものばかり。だから、この全集は古典シリーズかと思えば、アゴタ・クリストフは1935年生まれで2011年没ですから、この人を入れるなら、ほかも!
 この人たちの誰も、ランサム読んでない?サトクリフ、知ってる?
 フィリッパ・ピアス(1920~2006)の「トムは真夜中の庭で」を読んでないでしょ?
 アンデルセン入れるなら、ファージョンだって・・・・
 それに、「ドラキュラ」は、ここに入るの?
 ・・・・ということで、この三人の博識の読書人たちも、こと少年少女文学全集を立ち上げるに関しては、自分が 昔読んだ少年少女文学全集の域と知識の域を超える人たちではなかったような。

 *「文学全集を立ちあげる」(丸谷才一・鹿島茂・三浦雅士 文春文庫)
☆写真は、京都妙顯寺➡➡ 

妙顕寺6j

PageTop