FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

金戒光明寺

  紫雲庭j
(承前)
 京都 金戒光明寺の御影堂は普段、公開されていませんが、今回冬の特別公開では、御影堂の中の法然上人座像と、吉備観音像、中山文珠を見ることができました。
 重要文化財の千手観音は、お綺麗でりんとされていました。
 市の指定文化財の文殊様とそのご一行のお姿は、生き生きとしていて魅力的でした。伝運慶作のかっこいい文殊様の後背部には、うっすらと色や模様が残っているのが見え、公開ならでは、そばで見ることができるいい機会でした。今までに見た文殊様のなかでも、記憶に残る文殊様のりりしいお姿でした。脇を固める人たちも、それぞれ魅力的。

 この御影堂、実は昭和19年に建て替えられたものだと説明を受け、光あふれる斬新な、とはいえ、伝統に基づいた立派な御影堂に、しばし、見とれておりました。あんな太いヒノキ、よく見つけましたよねぇ。

 そして、その方丈北庭と紫雲の庭も立派なもの。紅葉の頃、水鏡、池に赤く色づいた葉がうまく映るように剪定していて、また、秋の公開も楽しみです。
☆写真上は、紫雲の庭で、法然生人と浄土宗の広がりを枯山水で表現したもののようです。写真下は方丈北庭。(続く)

       北庭j

PageTop