FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

道のはづれに

クライ6jj
シャアル・ゲラン「道のはづれに」 
≪道はくだる。  幾里と長き真白の帯。  青き小山の  坂道つきぬ。≫(「珊瑚集―仏蘭西近代抒情詩選」 永井荷風訳 岩波文庫)

(承前)
 ピラトゥス山から遠く望み、二ーダーホルンから眺め、まだ他からも見ようとしているアイガー・メンヒ・ユングフラウの三山です。
 この完璧に晴れ渡った朝に、ここを歩く幸せ。いろんなものに感謝です。
クライ3jクライ2j クライ1j
 写真は、途中に水たまりがあって、そこに映った、それぞれの山です。

 さて、三山を横に見ながら、ゆっくり歩いて次の駅近く、冬場しか開いていないホテルの前で美味しいレモネードと、アプリコットのホームメードケーキをいただきました。向うには、アイガー北壁が、優しくそそり立っています。(続く)
     クライ4j

PageTop