FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

短夜の頃

水無月jj
(承前)
  「日本近代随筆選 2大地の歌」(千葉俊二・長谷川郁夫・宗像和重編 岩波文庫)に入っている島崎藤村の「短夜の頃」も滑り出しが心地よい。
≪毎日よく降った。もはや梅雨明けの季節が来ている。町を呼んで通る竿竹売(さおだけうり)の声がするのも、この季節にふさわしい。蚕豆(そらまめ)売の来る頃は既に過ぎ去り、青梅を売りに来るにもやや遅く、すずしい朝顔の呼声を聞きつけるにはまだ少し早くて、今は青い唐辛(とうがらし)の荷をかついだ男が来はじめる頃だ。・・・≫

 ふーむ。昔はこんなにいろんな物を売りに来ていたのね。竿竹売の声は覚えているけれど、他は知らんなぁ・・・
 このあとに続く文の、およその各段落初めの言葉を並べてみます。
≪どれ、そろそろ蚊帳でも取りだそうか。≫
≪古くて好いものは簾だ。≫
≪団扇ばかりは新しいものにかぎる。≫
≪この節の素足のこころよさ。≫
≪茶にも季節はある。≫
≪新茶で思い出す。≫
≪この短夜の頃が私の心をひくのは、一つは黄昏時の長いことにもよる。≫
≪短夜の頃の深さ、空しさは、ここに尽すべくもない。≫

そして、最後。
≪露に濡れた芭蕉の葉からすずしい朝の雫の滴り落ちるような時もやってきた。あの雫も、この季節の感じを特別なものにする。≫

 リズムも流れも好みの一文でした。実際には、梅雨明けはまだ先。
 「水無月」でも食べて6月晦日といたします。
 ☆写真は、「水無月」二切れ。三角なのは、氷に似せた暑気払い、上の小豆は厄払いだとか。

PageTop