FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

センダック最後の絵本

       こぶたj
「バンブルアーディ」 (モーリス・センダック さくまゆみこ訳 偕成社)
 モーリス・センダックが亡くなったのは2012年5月のこと。亡くなる前、最後の絵本だったのが、「バンブルアーディ」という子豚の話。4月に訳され出版されました。最近の絵本には珍しく、表紙の絵と、表紙をとった中の装丁が違う丁寧な作りは、センダックへのオマージュのような気がします。(写真手前が、表紙の絵、奥のにこやかな子豚の絵は、表紙をとった中に貼られている小さな絵。)

 さて、子豚のバンブルバーディは生まれてこのかた、誕生日を祝ってもらったことがありません。バンブルアーディが8歳になったとき、豚肉にされたパパママの替わりにアデリーンおばさんに引き取ってもらいます。そこで、9歳にして初めてお誕生日を祝ってもらうことに。が、おばさんが留守の間に、招待した友だち達とどんちゃんさわぎになってしまい、(みんな変装してきます)おばさんは、怒り心頭。・・・とはいえ、素敵なおばさんに、許してもらえて、バンブルバーディは9の9倍キスしてもらうというお話。

 この「許してもらえた」理由が不明瞭なのがひっかかるものの、いつもどおりのセンダックカラーは、どんちゃん騒ぎで本領発揮。
 9歳の誕生日なので他にも9に関連しながら、お話が進む「しゃれっ気」もあります。
 もうこれ以上、センダックの絵本が出ないのは寂しいですが、最後の絵本も、センダック自身が楽しんで作ったのが伝わってきて、よかったよかった。

 実は、この絵本、現代に多くなっている児童虐待ネグレクトの問題を描いた一冊だとも言われています。確かに、ネグレクトとまでは言わなくても、誕生日や日本式のクリスマスを子どもたちと祝わないという親たちが居ることは知っています。が、そんな人たちも、ちょっと、自分の小さかったとき、どんなことに心が弾んだか、思い出してくれればいいのに、と思います。ちょっとでいいから、アデリーンおばさんのように。
  ・・・と、考えれば、「許してもらえた」理由なんかなくても、保護者の大きな心で、子どもを受け留め許したという解釈になるでしょうか。

PageTop