FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ブレーメンのおんがくたい

       ブレーメンj
 ハンス・フィッシャーの「こねこのぴっち」(岩波)については、以前にぬけぬけと、書きましたが、フィッシャーは、とても好きな絵本画家の一人です。
 
  写真右、フィッシャーの「ブレーメンのおんがくたい」は、話のスピーディな展開と合って楽しさが倍増します。それは、フィッシャーの描く軽やかでリズミカルな線から生まれてくるものだと思います。糸が(線が)紡ぎ出されてくるという感じがします。
 
 松居直は、「ハンス・フィッシャーの絵本覚書」という文の中で、この絵本のことを、こう言いました。**
≪さし絵をとおして聞こえてくる動物たちの声や音楽、泥棒と音楽隊のおおさわぎ、その間にある真夜中の静けさ。最後の上下に並んだベッドに眠る動物たちの画面は、なんと、みごとに物語の完結を語り、めでたしめでたしを絵で描いています。『さし絵は言葉の最も深い意味において、一種の視覚的なストーリーテリングです。』という、アメリカの絵本作家、マーシャ・ブラウンの言葉が納得できるではありませんか。≫**

 さて、グリム童話の中でも、「ブレーメンのおんがくたい」は、展開のわかりやすい話の一つで、たくさんの画家が、絵本にしていています。中には、ぬいぐるみのような動物たちが行進したり、泥棒たちがいい人そうだったり、シュールな画風とお話が合っていなかったり・・・と、色々、見受けられます。
 とはいえ、写真左下は、グリムの昔話1に入っている「ブレーメンの音楽隊」フェリクス・ホフマンの挿絵で、写真左上のゲルダ・ミューラー「ブレーメンのおんがくたい」は、昨秋翻訳されました。

*「こねこのぴっち」 (おはなしとえ:ハンス・フィッシャー やく:石井桃子 岩波)
*「ブレーメンのおんがくたい」 (グリム童話 ハンス・フィッシャー絵 せたていじ訳 福音館)
**「ハンス・フィッシャーの世界」(小さな絵本美術館)
**「翻訳絵本と海外児童文学との出会い」(松居直著 シリーズ松居直の世界3 ミネルヴァ書房)
*「ブレーメンのおんがくたい」(ゲルダ・ミュラー作 ふしおみさを訳 BL出版)
*「グリムの昔話」(フェリクス・ホフマン編・画 大塚勇三訳 福音館)

PageTop