FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

コスチュームの絵

     グリーナウェィj
  (承前) 
 「英国の夢 ラファエル前派展」には、ミレイやハント、ロセッティなど、ラファエル前派の中核を担う人の作品もあり、その後半の流れも展示してありましたが、個人的に興味深かったのは、ケート・グリーナウェイの水彩と、ヘレン・アリンガムの水彩が並んでいたことでした。

 絵本で、ケート・グリーナウェイの描く少女たちは、いつも、ファッショナブルなコスチュームに身を包んでいます。水彩に描かれると(写真右絵葉書「お嬢さんたち」)さらに布や毛皮の質感までも描かれています。が、いつも表情がない。他のラファエル前派の描く顔つきと同じです。だから、この人も、ラファエル前派の一員なのかぁ・・・ラスキンの擁護もあったようだし・・・

 そんなケート・グリーナウェイと親交があったのが、ヘレン・アリンガムでした。ヘレン・アリンガムは、詩人の夫ウィリアム・アリンガム亡き後、ケートと同じロンドン、ハムステッドに住みました。(続く)

☆写真左は、「ケート・グリーナウェイのハムステッドの家の前に立つ少女たち」と説明にあります。The Art of Kate Greenaway-A Nostalgic Portrait of Childhood.(Ina Taylor :Webb & Bower)
 今まで使ったハムステッドの写真は、(→)(→)(→)(→)

PageTop