FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

夏の暑熱は、歌唄わぬ小鳥に託され

ベベイ桟橋j

ランボオ「Fairy」
≪夏の暑熱は、歌唄わぬ小鳥に託され、為すこともない放心は、昔日の恋、褪せた匂いの入江を横切り、価も知らぬ喪の船を促した。≫(小林秀雄訳 岩波文庫)

(承前)
 レマン湖畔、ヴェヴェイの街は、8月に見に行った「チャップリンからの贈りもの」という映画でシンパシーを勝手に感じていました。(その日の写真を、チャップリンの銅像の写真に変えています。)
街並みj
 レマン北湖畔の街は、モントルー、ローザンヌ、ニヨン、モルジュ。それに、ヴェヴェイ。
  ローザンヌ以外は、どこもこじんまりとしていて、それぞれの特徴がある町です。
 
 その中でも、ヴェヴェイの街は、チャップリンが住んでいただけでなく、丘の上には今なお、いろんなお金持ちが住んでいるんだろうなぁと思わせる落ち着いた街です。
 一番にぎわう場所に、古い路地や15〜19世紀の歴史的建物、湖に面しては、取り澄ました高級ホテル。加えて、駅の近くに、ネスレの本社があるからか、ニヨンやモルジュよりも人も多い。
 モルジュのダリアのプロムナードもいいけれど、湖岸沿いの遊歩道も、ちょっと素敵じゃありませんか?
遊歩道j
 この遊歩道の向う端で、モルジュの朝市で買ったフルーツとサラミ、それと、パンでランチにしました。(続く)
                 すずめj
☆写真は、映画「チャップリンからの贈りもの」にも出てきた船着場。一番下は、レマン湖を前に、スズメがたくさん集まっている男の人。多分、パンを食べているのでしょう。

PageTop