FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

こんぴらふねふね

        こんぴらふねふねj
 金比羅さんのことを、もう少し。
 金比羅さんには、二回行ったことがあります。
 一度は、2004年秋の「金刀比羅宮のすべて 平成の大遷座祭斎行く記念――奥書院特別公開ー」。
 もう一度は、家族で行った25年以上も前のこと。子どもたちが小さかったのと、金刀比羅宮にあんなにたくさんのお宝があることを知らなかったので、すごーい階段上って、参拝して・・・でした。 ♪こんぴらふねふね~♪などと歌いながら登ったと思います。娘はその時、この歌を覚えたといいますから。
 
 それで、今この歌詞を調べてみると、ほとんど間違いなく歌えるのに、なんと、これはお座敷遊び歌・お茶屋遊び歌だって!しらんかった!が、何の歌だった?夫は、おばあちゃんがよく歌っていたなぁと言い、カ・リ・リ・ロ自身は、母が歌って居たような気がすると言い、手まり歌?せっせみたいな手遊び歌?・・・うーん、思い出せない。
 元は民謡らしいのですが、このシュラシュシュシュっていうちょっとふざけた匂い、なかのごりって、何?ぞずさんって、何?そして、この歌には終わりがない!・・・等、学校で習う歌にはない、可笑しみのある歌です。

♪♪金毘羅船々(こんぴらふねふね)
追風(おいて)に帆かけて
シュラシュシュシュ
まわれば 四国は
讃州(さんしゅう)
那珂の郡(なかのごおり)
象頭山(ぞうずさん)
金毘羅大権現(こんぴら だいごんげん)
一度まわれば
金毘羅船々(こんぴらふねふね)・・・・♪♪♪
☆写真は、スイス レマン湖に浮かぶおもちゃのヨットではなく、本物のヨット。

PageTop