FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

若冲の羅漢さん

石峰寺j
京都 伏見 深草 石峰寺に行きました。黄檗宗の禅寺です。
その敷地にある、五百羅漢さんを見に行きました。
                  らかんj
 伊藤若冲が下絵を描き、石工に彫らせたものが鎮座しています。苔むし、風化で丸みを帯びた羅漢さんたち。
釈迦誕生から涅槃に至るまでの場面構成もさることながら、竹林の急坂に設えられた羅漢さんたちの表情の豊かなこと。
写真撮影禁止なので、その豊かな表情は案内紙に写るほんの一部の一部だけしか紹介できませんが、どの石仏も、尖った線のない穏やかでユーモアある佇まいでした。

 伊藤若冲のお墓もあります。ん?確か、伊藤家の菩提寺は、京都裏寺町蛸薬師上るの宝蔵寺じゃなかったの?と、思っていたら・・・
石峰寺の解説には、≪京都大火で家を焼かれた若冲は石峰寺の古庵に移り住み「斗来翁」と称して米一斗と一画を交換する生活を送り85歳の生涯を閉じた≫とあり、≪命日には、若冲忌として、若冲作品の展示を行う≫とありました。

 この石峰寺は、羅漢さんの魅力も大きいものですが、今、青紅葉も清々しく、秋の紅葉の頃もさぞや・・・と思えるので、また訪れたい場所の一つになりました。

 で、静かな石峰寺を後にし、北にとろとろ歩いていくと、おお、なんと言うことでしょう。平日なのに、凄い数の観光客。多くは日本人ではなさそうです。そう!赤い鳥居で有名な、伏見稲荷。この下の写真の場所にでましたが、鳥居正面は、写真を撮る人が溢れておりました。
赤鳥居j

PageTop