FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

美味しい初夏

さくらんぼj
  時鮭と書いて、「ときしらず」というのは、初夏に北海道などで採れる鮭のこと。秋鮭というくらいだから、こんな季節に採れるのは、若い鮭のことらしい。あっさりしているようでうまい具合に脂が乗っていて、刺身で食べたら、もっと美味しいらしいのですが、とりあえず、焼いて肉厚のままいただきました。
 スモークサーモンの三種味比べでも、時鮭のサーモンが、一番美味しかった。

 春先には、明石産のイイダコ【頭に飯(イイ)みたいに詰まっているのが美味しい】を食するものの、イイダコも時鮭も時鮭サーモンも、お肉みたいな価格で、ぎょぎょぎょっ。とはいえ、毎年、この時期しか食べられないと思うとついつい手が伸びます。

 焼き時鮭の、この日は、またもいただいた、シーズン最後のコゴミに、そろそろ終わりが近い富山湾産のホタルイカと合わせて酢味噌で食べました。さらに一緒にいただいた山菜のもみじがさ(シドケ)はクルミと合わせました。

 さて、次の日は、京都の生湯葉をいただいたので、お刺身のように、自家製の煎り酒つけて食べました。加えて、汲み湯葉もあったので、初めて作った汲み湯葉丼!山かけ丼も美味しいけれど、それより、ずっとクリーミーで優しくて上品な丼が出来上がりました。
 家人が、美味しいを連発するのが嬉しい初夏の訪れでした。
 次は、初がつお!

☆写真は、先日紹介したオリーブの木の隣に生えているさくらんぼ。きっと栄養たっぷりの土なのですね。

PageTop