FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

映画「パレードへようこそ」

    こいのぼりj
 イギリス炭鉱閉鎖映画は(こんなジャンルがあるとしたら)、どれも面白く、ほろ苦くちょっと幸せの映画です。「フルモンティ」「リトルダンサー」「ブラス!」そしてこの「パレードへようこそ」。
 1984年のサッチャー政権時代の炭鉱ストライキで、弱者となった炭鉱の村の人々と、同性愛者たちが、偏見を乗り越え、手をつなぎ、お互いを応援するという映画です。もちろん、個々の葛藤、成長も織り込みながら、映画は進んでいきます。

 確かにパレードが大団円とはいえ、「パレードへようこそ」という邦題と、原題の「PRIDE」は、少々離れているなあと思っていたら、英国に暮らしていた娘がPRIDEという言葉はGAYを表す言葉になっていると言うので、調べてみたら、GAY PRIDEという一つの言葉が出てきました。意味的には、GAYの人たちが自己に誇りを持つべきだというところのようです。
 さらに、パレードと言えば、日本人の感覚ではお祭り騒ぎの一つのように思うのですが、Gay Pride Day Paradeというのがあって、パレードという言葉自身も、あながち、原題から離れていなかったことがわかりました。
 とまあ、何にも知らないのは、ここでも露呈し、ロンドンでカラーランという、皮膚の色で差別しないチャリティランニング(顔に色粉をまぶして走る)に参加経験のある娘に、教えてもらうことも多い親の日子どもの日です。(続く)

☆写真は、西宮市夙川。端午の節句は男の子の健康と成長を願う日。今や、こどもの日ですが。(撮影:&Co.A)

PageTop