FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ニコルソンの版画

ヴィクトリア女王j
 (承前)
 ウィアリム・ニコルソンは、絵本「かしこいビル」の作者ですが、サーのつく著名な英国の画家です。義弟と一緒に商業ポスターも手掛けています。我が家では、絵本の「かしこいビル」「ふたごのかいぞく」そして、挿絵をつけた「ビロードうさぎ」でなじみ深い画家です。

 上の写真左に写るのは、ヴィクトリア女王のカード(ロンドン V&Aミュージアム)です。この絵が「かしこいビル」のおばさんの家の壁に掛かっているのを知らない人は、残念です。ただ、絵本に描かれている壁のヴィクトリア女王は、ティポットカバーのようにも見えますが・・・

 それから、写真右のこひつじのカード(オックスフォード アッシュモレアン美術館)は、中央の猫と同じ「まっ四角な動物の絵本」 のこひつじです。この絵本の文は、アーサー・ウォーが担当しています。このウォーという人は、イーヴリン・ウォーのお父さんで、ウィリアム・ニコルソンとベン・ニコルソンの画家父子、アーサー・ウォーとイーヴリン・ウォーの文筆家父子と、またまた、つながっていって興味深いです。と、思ったら、もう一つ、つながっている(?)ので、続けて書きます。

 それにしても、写真中央の猫の版画、日本の浮世絵の猫のように見えますねぇ。(続く)

*「かしこいビル」(ウィリアム・ニコルソン 吉田新一・松岡享子訳 ペンギン社)
*「ふたごのかいぞく」(ウィリアム・ニコルソン 谷川俊太郎訳 ブッキング)
*「ビロードうさぎ」(マージェリー・ウィリアムズ 石井桃子訳 ウィリアム・ニコルソン 童話館出版)
*「まっ四角な動物の絵本」 (アーサー・ウォー文 由良君美訳 ほるぷクラシック)

PageTop