FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

京都老舗の文化史展

       円山応挙j
   「千總460年の歴史―京都老舗の文化史」展が京都文化博物館で開かれています。(途中入れ替えで、~2015年2月11日:第二会場の千總ギャラリーは2015年1月20日~2月11日)

 1555年に法衣業を創始し、今に続く老舗の歴史展ですが、パリ万博の時の写真を含め、当時の下絵、当然、さらに古い友禅の振袖や刺繍など、丁寧な仕事の紹介・展示されています。
 円山応挙の「写生図鑑」と「保津川図屏風」がありました。(神坂雪佳「元禄舞図屏風」は、後半展示)
 八曲一双の大きな「保津川屏風図」は、すべてを並べてこそ、「おお!」と上流から下流に至る水の勢いがわかります。「写生図鑑」に描かれるように、丁寧なスケッチが、大胆な水の流れにも生かされています。また、ちょっと離れて見ないと、全貌がわからない。
 こんな大きな屏風、飾る場所があり、多分、季節によっては 別のものを出していた邸宅。老舗とはいえ、持つべきものは持っていたんですねぇ。
☆写真は、「千總460年の歴史展」の案内紙。一番上が円山応挙「保津川図屏風」その下神坂雪佳「元禄舞図屏風」
 

PageTop