FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

せきたんやのくまさんのうまさん 

             せきたんj
 アイスランド映画「馬々と人間たち」で「せきたんやのくまさん」を思い出し、この小さな絵本を引っ張り出してきました。
 「せきたんやのくまさん」のシリーズは、今や「うえきやのくまさん」「パンやのくまさん」「ゆうびんやのくまさん」「ぼくじょうのくまさん」の合計5冊が邦訳されているのですが、引っ張り出してきた我が家の「せきたんやのくまさん」は、現在出ているものより一回り小さい。しかも、3人の子どもと楽しんだので、ボロボロ・・・
 長男が1980年生まれで、その時に同じ大きさの「まどそうじやのぞうのウンフ」と同時購入した模様。(こちらもボロボロですが、作者は全く違います。)

 で、年季の入った「せきたんやのくまさん」に居ました。居ました。おしゃれにしっぽを赤いリボンで束ねた、ずんぐりした小型のうまさん。
≪いつものひは、あさごはんがすむと、せきたんやのくまさんは、にばしゃにのって、うまに、「はい!はい!」といいます。すると、うまは、ぱかぱか ぱかぱか あるきだします。≫
≪そこで、くまさんは うまに、「さあ、うちへかえろう!」といいました。すると、うまは ぐるっとまわって、ぜんそくりょくで、ぱかぱか ぱかぱか ぱかぱか、はしりはじめました。ぱかぱか ぱかぱか ぱかぱか!≫

 ああ、この「ぱかぱか ぱかぱか ぱかぱか」を何度読んだことでしょう。
 ・・・・ぱかぱか ぱかぱか ぱかぱか!子どもたちに読むのが、ただ 楽しかった。たぶん。子どもたちも、ただ、楽しかった。 (続く)
*「せきたんやのくまさん」(フィービ&セルビ・ウォージントン文絵 石井桃子訳 福音館)
*「パンやのくまさん」*「ゆうびんやのくまさん」(フィービ&セルビ・ウォージントン文絵 まさきるりこ訳 福音館)
*「うえきやのくまさん」*「ぼくじょうのくまさん」 (フィービ&ジョーン・ウォージントン文絵 まさきるりこ訳 福音館・童話館)
*「まどそうじやのぞうのウンフ」(アン・ホープ作 エリザベス・ハモンド絵 石井桃子訳 福音館) 
☆写真は、ロンドンのホテルの暖炉前。

PageTop