FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

シャガールとセンダック

         シャガールとセンダックj
(承前)
 東京 国立新美術館の「チューリッヒ美術館展」(~2014年12月15日:神戸市立博物館2015年1月31日~5月10日)で、シャガールの「戦争」(写真に写る絵葉書)を見て、娘と二人で話したのは、センダックの「やぎと少年」を思い出すね!ということでした。

 とはいうものの、具体的にどのお話ということもないのです。
 帰宅し、「やぎと少年」を引っ張り出しても、同じようなシーンも挿絵もありません。雰囲気から感じるものが、ユダヤ系画家・作家という共通点からくる、思い込みだったのでしょうか?

 ともあれ、センダックの絵本になかった?
 するうち、広げたのが、 「ブルンディバール」でした。
 この絵本の紹介文には、≪「ブルンディバール」は、ナチス強制収容所で、子どもたちが演じたチェコのオペラに基づいて作られた絵本で、ユダヤ系アメリカ人のセンダックが、この絵本で初めて正面からユダヤ人の歴史に取り組んだともいえ、子どもたちが力を合わせて悪を追い払う場面の力強さにセンダックが子どもたちに託す希望が読み取れる≫と書かれています。
 確かに、センダックの絵本には、ヨーロッパやアメリカNYの匂いこそすれ、ユダヤ系の匂いは隠れがち。その点で、それ以外の本と一線を画しているのかもしれないし、あるいは、それまでのセンダックが使ってきた吹き出しの手法や登場人物を使ったりしている点からみれば、集大成なのかと思ったりします。
 ただ、オペラで演じられたものを絵本にするのですから、当然、無理もあり、この絵本自体が、日本の多くの子どもたちが楽しめる絵本なのかという点では、疑問が残ります。
 
 シャガールの「戦争」とセンダックの「ブルンディバール」に流れるユダヤ人迫害の歴史の共通点を見出したものの、「やぎと少年」?・・・・結局、ユダヤの重い歴史が醸し出す「雰囲気」・・・だったのかなと思います。

 写真に写る左端の女性たちが嘆き悲しんでいる様子、写真左のシャガールの絵の下、子供を抱く母。
*「やぎと少年」(アイザック・バシェヴィス シンガー文 モーリス・センダック挿絵 工藤幸雄訳 岩波)
*「ブルンディバール」(トニー・クシュナー再話 モーリス・センダック絵 さくまゆみこ訳 徳間書店)

PageTop