FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

おとしもの絵本

ボストン公園の人たちj
(承前)
 バーバラ・マクリントックの絵本は福本友美子訳で、複数の出版社からたくさん出ています。「12種類の氷」(エレン・ブライアンオベット文 バーバラ・マクリントック絵 福本友美子訳 ほるぷ)のイラストも手掛けています。

 シモンのおとしものはパリの話でしたが、 「シモンのアメリカ旅行」という続編も出ています。今度は、アメリカ各地で落とし物をする話です。が、旅行先が、アメリカ全土にわたっていて、個人的にアメリカ全土になじみが少ないので、パリでの落としものの方が楽しめました。二冊とも、落とし物探しは、なかなか難しく侮れません。

 加えて、パリの「シモンのおとしもの」は、みんながそれぞれのヒントを見せながら、シモンの家まで届けてくれるのですが、アメリカ旅行の方は、一緒に行ったおばさんの家にすべて郵送されるという展開。おばさんの家の住所、みんな知ってたの?ということも含めて、無理があるんじゃないかと思います。

 とはいえ、巻末の解説を読むと、各シーンには、アメリカ人の子どもに知ってほしい地歴情報があり、浅学のおばさんにも勉強になりました。

☆写真は、シモンがふでばこを落としたボストン公園。「かもさんおとおり」(マックロスキー 渡辺茂男訳 福音館)にも、この写真と似たようなシーンが描かれています。(撮影:&Co.T1)

PageTop