FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

妖精のキャラバン

キャラバン2
(承前)
「妖精のキャラバン」(ビアトリクス・ポター作 久野暁子訳 福音館)
写真左に写る挿絵は、毛が長くなりすぎたてんじくねずみのタッペニーの前で、やまねのシャリファが、オークの木の妖精の話をするところです。
≪・・・妖精っていうのは怒りっぽいものでね。オークの木の妖精は怒って悪さをした時もあったわ。この苔の上にお座りなさいよ、タッペニー。ベリンダもお客さまも。すてきなお話だから、できるだけすてきに話してみるわ。・・・≫

そこで、「妖精のキャラバン」の最終章は、やまねのシャリファが話す「オークの木の妖精」です。
≪英国のオークには、どことなくいかめしい、堂々とした気品があります。古代のブリトン人はオークを神様の木だと考えていました。それより後の時代のサクソン人は、オークを聖職者ドルイドの木として尊敬していました。ウィリアム征服王は国全体を調べて、『土地台帳』を作らせたことがあります。まだ地図がなかった時代でしたので、目印になるものをたくさん書き込みました。ハートフォードシャーのオークの木も、目印として『土地台帳』に書き込まれていました。これからお話するオークの木は・・・・≫

≪・・・とても大きな木を切り倒す作業は、本当に残酷です。斧が鈍い音をたてて振りおろされるたびに、木の奥深くに住んでいる緑色の妖精も痛がって苦しむのです。・・・・≫

 「オークの木の妖精」の話は、ポターが、伝えたかったと思われる大事なことの詰まった話です。この話から、「英国貴族、領地を野生に戻す」(イザベラ・トゥリー著 三木直子訳 築地書館)に、ちょっと寄り道してみます。(続く)

 加えて、蛇足ながら、この「妖精のキャラバン」で難点なのは、本当にたくさん登場する小動物たちに、みんな、しっかりとした名前が付けられていて、カタカナの名前が、なかなか覚えられない。途中から、ノートに控えていきましたが、この本が翻訳出版された2000年から20年経っている今となっては詮無いこと。あーあ・・・

PageTop