FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

まちねずみジョニーのおはなし

ぽたー3
(承前)
 「まちねずみジョニーのおはなし」(ビアトリクス・ポター作・絵 石井桃子訳 福音館)は、「影にいるイソップへ」と、イソップに捧げられているように、テーマは、イソップ寓話と同じです。

 まちねずみのジョニーと農家の野菜畑で生まれたチミー・ウィリーの話です。チミーが、野菜かごで眠り込んでいたところを、馬車で運ばれ、逃げ込んだところが町ネズミたちのパーティー(お料理が8種類も出るような、立派なパーティー)。猫もそばでごそごそするような居心地の悪さは、農場生まれのチミーを すぐに、静かな自分の巣に帰りたい気持ちにさせ、次の野菜かごを返す日に、戻って行きます。冬が過ぎたころ、今度は、町ネズミがやってきて・・・

 この町の舞台になったのが、湖水地方のホークスヘッドという町(村?)。ここには、30年近く前に行ったことがあります。確かに農場が広がっているというのではありませんが、日本の我々の思う町という感じからは、少々違って、田舎の小さな集落という感じでした。ポターの住んでいたヒルトップから、そんなに遠くないところでしたから、野菜は新鮮なまま届いたと思います。

 この「まちねずみジョニーのおはなし」以降、絵本では、「セシリ・パセリのわらべた」(なかがわりえこ訳 福音館)➡➡、絵本で長編の「こぶたのロビンソンのおはなし」(まさきるりこ訳 福音館)、挿絵本の長編「妖精のキャラバン」(久野暁子訳 福音館)の出版がありますが、これらは、それ以前から、書き進めていたものであったようで、実質は、この「まちねずみのジョニー」が、ポターを取り巻く小動物たちの小さなお話絵本としては、最後のもののようです。

 ポターは、この本を作るときに、「視力の衰え」を嘆いていたようですが、野菜かごの中、豆のベッドで、ぐっすり寝込んでいるチミーの絵(上の写真の下の絵)、チミーが「いなかに住むほうが好きです」という最後のページの、いちごを食べてるチミーの絵(上の写真の上の絵)。これらは、ピータ・ラビットシリーズの中でも、好きな2枚です。田舎の小さな生き物への愛が感じられます。

この絵本が出版された当時の書評では、
≪挿絵は、ミス・ポターの最高傑作の一つである。・・・・ミス・ポターは、ライバルを思いわずらう必要はない。彼女に匹敵する者はいないからだ。『まちねずみジョニー』は、彼女ほどに完成された著者・画家としての名声を、また一段高めることになった。≫
*「ビアトリクス・ポター  描き、語り、田園をいつくしんだ人」(ジュディ・テイラー著 吉田新一訳 福音館) (続く)
 

PageTop