FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

恐竜の時代

    恐竜2
(承前)
「とりになったきょうりゅうのはなし  改訂版」(大島英太郎さく 福音館)➡➡を描いた大島英太郎の紹介文には、≪1961年生まれ、子どもの頃から自宅に近い渡良瀬遊園池に通って、野鳥の観察を続けてきた。また、恐竜に関する質問状を、国立科学博物館の研究者に送ったのがきっかけで、恐竜にも関心を持つようになる。・・・・・≫と、ありました。

 他、同じく かがくのとも出身の「きょうりゅうの おおきさって どれくらい?」の(福音館)や、真鍋真監修の「羽毛恐竜 恐竜から鳥への進化」(福音館)にも、大島英太郎のおなじ紹介文。

 大島英太郎は、自然科学の絵本以外にも、動物の出てくるお話の絵本も描いているようです。寅年のときに紹介するのを忘れないようにしたい「むかし むかし とらとねこは・・・」(中国のむかし話より 福音館)や、ネズミ年の今年は、福音館こどものともの「まほうねずみのシュッポ」(おのりえん作),申年には「うみやまがっせん」(上沢譲二原案 長谷川摂子文 福音館)また、アリソン・アトリー「ラベンダーのくつ」(松野正子訳 福音館)の挿絵も手掛けています。(これについては、後日)

 さて、これらの大島英太郎絵の恐竜絵本のなかでも「羽毛恐竜」は、「とりになったきょうりゅう」のお兄さん版とも言える内容です。タイトルが、他は「きょうりゅう」とあって、この絵本のみ「恐竜」とするところからも、これが大きい子ども向けだということがわかります。そして、やはり、監修は真鍋真です。➡➡ ⇒⇒

また、「羽毛恐竜 恐竜から鳥への進化」(福音館)は、「とりになったきょうりゅうのおはなし」「きょうりゅうのおおきさってどれくらい?」より、恐竜たちの図も多く、化石の話にも踏み込んでいます。

なにより、ばあばになった今でも、新たに、科学の絵本を楽しめるのは、うれしいことです。
未来のある子どもの多くに出会ってほしい科学の絵本たちでした。

その最後のページにあります。
≪カラス、スズメ、ツバメ・・・、今も、わたしたちの身近で、多くの鳥がくらしています。それは6600万年前の大量絶滅をまぬがれて、今もなお、繁栄している恐竜なのです。恐竜の時代は、おわっていないのです。・・・・・≫(続く)

☆写真上「羽毛恐竜 恐竜から鳥への進化」(大島英太郎作 真鍋真監修 福音館)シノルニトサウルスのページ
写真中「きょうりゅうのおおきさってどれくらい?」(大島英太郎作 福音館) 動物園の象と比べたセイスモサウルスのページ
写真下「とりになったきょうりゅうのはなし  改訂版」(大島英太郎さく 福音館) メジロ、ベニヒワ オシドリ、ステゴサウルスのページ

PageTop