FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ねずみのおはなし

      鼠年j

 2020年は、子年。ねずみの年・・・ということで、今年は、ねずみの絵本を探そう。2019年のイノシシよりは、たくさんあります。

 とはいえ、ねずみは、いろんな絵本に、ちょい役として登場するものの、主人公となって大活躍は、犬や猫に較べて少ないかもしれない。犬や猫が、家族の一員となって、身近な存在であることに較べ、ねずみは、多くの世界で嫌われものとして、生きながらえて来たことに関係している?
 また、ライオンや象などは、強い、大きい・・・と、絵本に登場することも多いのに比べ、ねずみはどうだろう?
 身体が小さいねずみは、可愛いということにもつながることもあるけれど。

 が、しかし、ねずみは、小さいながらもなかなかの知恵者であり、家族が多く家内繁栄を象徴することもあって、ねずみの小さな力を借り、成功に導かれる、幸せに近づく、といった話は、けっこうあります。

 特に、日本の昔からの話に、鼠が登場するのは、ペットとして身近ではないものの、ごく身近に――壁一枚のところに、住んでいて、昔話の基本である、虐げられている者、弱い者、貧しい者の代弁者として、ねずみを描いているのではないだろうか。(続く)

☆写真後ろは、鼠草子(サントリ―美術館) ➡➡ 写真前は、グリーンノウのねずみ。「まぼろしの子どもたち」(ボストン作 瀬田貞二訳 堀内誠一絵 偕成社文庫)「グリーンノウの子どもたち」(ルーシー・M・ボストン作 ピーター・ボストン絵 亀井俊介訳 評論社)

PageTop