FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

水の勢い

ピーク
 スイスから帰ってきてすぐに、大雨や土砂崩れは丈夫だった?と、心配してくれた人がいました。ん?知らなかった。初めてスイスに行った時(2005年)も、線路が冠水し、バスで移動。あるいは、観光の目玉のパノラマ特急が運行できない・・・などの状況だったことを思い出しました。その時、スーツケースをヘリコプターで移動させている映像も流れていました。

 今回は、雨の日もありましたが、概ね快晴。しかも痛いくらいの直射日光。と、思ったら、天気が急変して、雷と雹・・・という日もありました。日除けのため持参した手袋が、肌寒い日の防寒に・・・といった具合に、スイスの天候は、移ろいやすいものの、やはり、雨が降った次の日の、氷河から流れ出す滝の音や、水量、これらを目の当たりにすると、山と湖の国、言い換えれば、岩場と水場の国、スイスも、温暖化の影響を大きく受ける地域の一つだと思います。
氷河とける
上記、二番目の写真(メンヒとユングフラウの下)は、一番上の写真と同じような場所から同日、望遠で撮ったものですが、遠くからでも白く勢いよく流れる水が見えます。この地域では、前日、結構な雨が降りました。
 また、同日、違う場所ですが、少し近づくと、こんな感じです。水の音まで聞こえます。
アルメント12
もっと、近づくと・・・(同日、違う場所)この小さくても勢いのある水の流れが、他の流れと共に、下流に。ブリエンツ湖トゥーン湖➡➡、そして、いろんな川と合流しながら やがて、ライン川・・・・そして、北海。
水流

☆一番上の写真は、今回、初めて持参した夫のお楽しみのピークファインダーとうアプリで撮ったアイガ―、メンヒ、ユングフラウ。GPS機能がついていて、その場所から見た(あるいは、見えるはずの)山頂の高さが、表示されています。

PageTop