FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

しょうびすい

     ばらすいj
(承前)
 大体、隣国というのは、何かと、簡単にいかない問題が山積するものだし、そこに宗教・宗派・教義が絡むと、より根深い問題が残り・・・また、アジアとヨーロッパを陸続きと考える、基本の土地が、トルコでありイランであり・・・なかなか、高校で習った程度では、理解が難しい、トルコとイランです。特に、平和ボケしている国民には、ピンと来ないことも多いのです。

 が、「トルコの至宝展」➡➡で、見た豪華絢爛な宝石などが、その昔のイランの「王書—-古代ペルシャの神話・伝説」(フェルドウスィ―作 岡田恵美子訳 岩波文庫)にも、同じように書かれているのを知ると、彼らが、単に陸続きにあったことを、我々にも教えてくれます。(今も、もちろん、陸続きなのですが)

 例えば、第一部神話の王たちの時代 第五代蛇王ザッハーク王(在位1000年)では、
≪ある日、王は、トルコ石を鏤めた(ちりばめた)王冠を戴き、象牙の王座に座り、王権の基盤を万全のものにしようと全国の貴族高官を御前に集めた。そして、拝火教高僧にこう言った。≫
 ここでいう王冠は、トルコのスルタンの王冠に似ているし、象のいるインドともつながっていたイラン(ペルシャ)は、象牙の王座・・・たったこの一行で、イランが、トルコとインドの間にあることがわかります。(詳しく言えば、今のアフガニスタンやパキスタンもある。)そして、最後で、王書に書かれている宗教は、拝火教、ゾロアスター教だとわかるのです。

 さて、宗教のことは、まったくの勉強不足ですが、映画「ヴィクトリア女王 最期の秘密」➡➡のインドから来たアブドゥルという青年が、ペルシャ系インド人で、ペルシャ絨毯を例えに、ヴィクトリア女王に話すところや、かのクィーンのフレディ・マーキュリーが、ゾロアスター教だったことを知ると、世界最古の宗教の一つだと言われるものの、今では、三大宗教どころか、ヒンズー教の陰にもなっているゾロアスター教にも、興味がわきます。

 閑話休題。そうそう、「トルコの至宝展」と古代ペルシャの「王書」の共通項をもう一つ。
 第一部神話の王たちの時代 第四代偉大なる統治の王ジャムシード王(在位700年)の章
≪王はまた別の年月を調査についやして雑多な石から鉱石をえらび、ルビー・琥珀・金・銀といった輝く宝を手にいれる。それらの貴重な石をほかの岩石から選別するのに王は呪術をつかったが、いわば岩の縛め(いましめ)から宝をとりだす秘密をとき明かしたのであった。また人びとがその芳香を愛する安息香、樟脳、純粋な麝香(じゃこう)、沈香(じんこう)、竜涎香(りゅうぜんこう)澄んだバラ水といった香料をつくる。≫
 バラ水というのは、女性の美容効果に近しいものとされていますが、古くは、宗教儀式で、浄めるときに使われてきたようです。ということは、、「トルコの至宝展」で、女性のための唯一の美術工芸品かなと思ったバラ水入れも(上記、写真の案内紙にある七宝製)、多分、およそ、身分の高い男性のものだった???(続く)
 ちなみに薔薇水は、しょうびすいと読むようです。

PageTop