FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

トルコ至宝展

     トルコj (2)
 京都国立近代美術館の「トルコ至宝展ーーチューリップの宮殿トプカプの美ーー」に行きました。(~2019年7月28日)オスマントルコ時代からの日本との友好関係の歴史関係にも迫るとありました。先日のG20後に、トルコの大統領も寄って帰りましたね。(内政が、かなり厳しい状況であると思われるのに・・・)

 さて、ただの宝石展かと勘違いし、足を運んでいませんでしたが、行って見ると、OH!やっぱり、宝石に目を奪われてしまいました。嘘でしょ?というくらい大きなエメラルドや、水晶でしょう?というダイヤモンド。大体、ちっさーい宝石しか見たことがありませんから、展示されている本物具合が、よくわからん。展示説明を見て、ふーん、本物ね・・・
 その大きさもさることながら、その周りの細工も細かい事!!!日本の伝統工芸品で、何度も、ひぇーと、その細かさに驚いてきましたが、諸外国の多くの工芸品は、余裕(?)で、見てきました。それが、やっぱり、金銀財宝に目がくらみ、トルコもなかなかやるじゃないの。

 チューリップが、オスマントルコの象徴とされ、スルタンの衣装にも、美術工芸品にも、チューリップが表現されていました。トルコ語で「ラーレ」と呼ばれるチューリップ紋様で、優美な感じはするものの、そこは、イスラム社会。つまり、女の人が表に出てこないので、柔らかさに欠けるような・・・
 また、長すぎる袖も展示されていましたが、あいさつ代わりに、その袖に、口づける儀礼用らしく、安全上の知恵があることを知りました。女性用の長すぎる袖は、ひらひらと優美なだけなのに、このスルタンたちの袖は、長すぎ、多分地に着くくらいですから、スルタンに挨拶しようと思えば、膝を折り曲げなければなりません。

 なさけないことに、高校で習ったトルコの地歴から、進歩していませんが、たまたま読んでいたイランの(ペルシャの)「王書—-古代ペルシャの神話。伝説」*に、このトルコ展で、見たようなものが書かれていて、興味がわきました。また、隣国とはいえ、今や、トルコとイランの隔たりや、かの国々と関わる国々の位置づけ。先日、紹介した、イランの絵本➡➡から見る、イランとインドなどなど・・・事実は小説より奇なりなのですが、古いものは(古くから伝わるものは)、多くの真実を我々に示してくれます。(続く)

*「王書—-古代ペルシャの神話。伝説」(フェルドウスィ―作 岡田恵美子訳 岩波文庫)

PageTop