FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

あめのひ かぜのひ

かぜ1
今年は、台風が、しかも強烈な台風が、たくさんやってきましたね。多分、年々、大変なことになるだろうと、素人でも予想できます。災害となってしまうような大風は、困りますが、頬に気持ちいい風は、気分もよくしてくれます。

「あめ」と同じく、子どもたちにとって、非日常な気候が、風の吹く日なのかもしれません。
オルセンの「あめ」「かぜ」➡➡*もありますが、新しい絵本では「あめのひ」「かぜのひ」(サム・アッシャー作・絵 吉上恭太訳 徳間書店)という絵本もあります。

 おじいちゃんと一緒に暮らす「ぼく」が雨の日、風の日に、外にでて、自由に楽しんで帰ってくる・・・・

 帰ってくると、雨の日には、
≪うちにかえると、かわいた くつしたに はきかえて、 あつい ココアを のんだ。おじいちゃんが いった。「まっていると、いいことが あるもんだな」「うん」 あしたも あめ、ふるといいな。≫

また、風の日には、
≪うちに はいると、おちゃを のみながら おじいちゃんが いった。「いっしょに ぼうけんするのは、たのしいもんだな。」「うん」あしたも かぜ、ふくといいな。≫

と、どちらも、二人でお茶しているシーンで終わるのです。(イギリスの絵本です。)

二冊とも、絵が魅力的で、遊び心に溢れています。

「あめ」(イヴ・スパング・オルセン ひだにれいこ訳 亜紀書房)
「かぜ」(イヴ・スパング・オルセン 木村由利子訳 文化出版局/ひだにれいこ訳 亜紀書房)


かぜ2

PageTop