FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

東山魁夷展

 東山1j
スイス2018報告は、まだ続くのですが、久しぶりに京都のお稽古に行く前に出かけたのは、京都国立近代美術館でやっていた「生誕110年 東山魁夷展」(~2018年10月8日)。

 「本当の『あお』にであう」と添えられているように、綺麗な青を中心に、色で目を楽しませてくれました。ヨーロッパの古都を描いたものもありましたが、この画家は具体的なものより、色彩のイメージを深めていく風景画が得意なのだと思います。
 「白夜光」という北欧の旅のあと、描かれたものが、今回の絵画のなかでは、一番印象に残りました。光の取り入れ方が一段と美しいものになっていたと思うのです。

 そして、唐招提寺御影堂修理のために、御堂内部にあった東山魁夷の描いた襖絵が再現展示されています。修理のため、ここ数年は見られないという襖絵ーー唐招提寺御影堂障壁画を間近に見るのは、なかなかないチャンスでした。これは、圧巻でした。
 襖絵ですから、大きく、表裏に描かれています。その労力たるや・・・と思っていたら構想から10年。しかも67歳のときに第一期完成、72歳のとき第二期完成と解説されていますから、うーん、凄い。

 芸術の鑑賞というのは、実物を目の前にした臨場感?空気?が大事な要素だと考えている者にとって、襖絵などは、図録でみても仕方ありません。

それから、どんな鑑賞も、「よかった」「面白かった」「力をもらえた」「楽しかった」等など、様々な感想がありますが、この東山魁夷展は、「綺麗だった」。
 

PageTop