FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

渓谷鉄道

ドモド2
今までと空気の違ったスイス南部から、アルプス方面の移動も、遠回りしてみました。
 ツェントヴァッリ鉄道といって、百の谷という意味のツェントヴァッリ地方を走る絶景ルート。ルガーノからロカルノ、というスイス国内を過ぎ、ロカルノで乗り継いで次はドモドッソラというイタリアの街に着くコースでした。
ドモド4
 深い深いふかーい渓谷が続いていたのですが、窓が開かないので、カメラを下や前方や後方に向けることが出来ず、夫も、カ・リ・リ・ロも、どちらも 「ひゃー  ふかーい」という声を何度も残しただけでした。
 ドモド1j
    ドモド3j
 それで、かわいい村々も通り過ぎながら、ドモドッソラという、いかにもイタリアという地名の駅に着きました。ここで、乗り継いでスイスに再入国ということになるようなので、ちょっと街に寄り道しようかなどと考えていたら、すごくさびれた駅舎に、草の生えたままの線路。ま、いわば、イタリアの北西の隅っこなので、行き届いていない感が半端なくあったので、途中下車せず、スイス鉄道に乗り継いで、スイスに再入国しました。が、世界遺産の教会の一つがあったりして、またもや、歴史文化の旅なら、興味深い土地のようでした。
ドモドソッラ

 それで、ドモドッソラをすぎるとすぐに、夫には、思い出深いシンプロントンネルを抜け、また今夏もインターラーケンを目ざしていきました。
 追補:物知らずのカ・リ・リ・ロには、ちっとも、感慨のなかったシンプロントンネルというのは、1982年に日本の大清水トンネルができるまで、世界最長のトンネルだったそう。夫は、ああ・・・と、嬉しそうでした。長いトンネルでした。

PageTop