FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ルガーノもスイスです。

ルガーノ3j
 今まで行ったスイスは、ドイツ語とフランス語がほとんどで、大抵の観光に従事る人たちは英語も喋りました。が、このルガーノという、イタリア語がほとんどの地(イタリアのコモ湖とマッジョーレ湖にはさまれている)に行くと、英語の表示もありません。
 イタリアの小さな古い保養地という感じで、ともかく、スイスっぽくない地でした。スイスは、交通機関の時刻も、きちんとしているのですが、ルガーノでは、それも、少々、ルーズな感じでした。でも、ルガーノもスイスです。

 街はルガーノ湖というくねくねした形の湖に面しています。そこには、小さなケーブルカーで登れる見晴らしのいい山 (モンテ・ブレとサンサルバトーレ)が二つあって、その両方に上がってみました。スイスアルプスの眺めを楽しんだことのあるものにとっては、ずいぶん、スケールの小さいものとはいえ、やっぱり、見晴らしのいいのは気持ちがいい。
 そうそう、その小さなケーブルカー、神戸の六甲山ケーブルや摩耶山ケーブルに似ています。
ルガーノ6
ルガーノ4
ルガーノjjjj
ルガーノ5
 その山の上を少し歩いていたら、松葉を踏みしめる匂いがしました。日本の山(と、いっても、子どものときに登った近くの山)の匂いと同じで、今までスイスのアルプス地方のトレッキングでは感じたことのない、懐かしい気持ちになりました。そのとき、ここは、ずいぶん気温の高い地なのだと気が付いた次第です。そう、思って、周りを見渡すと植物が、うっそうと生えていて、緑も濃いのがわかりました。

PageTop