FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

犬のウィリー

ウィリーj
「のら犬ウィリー」(マーク・シーモントさく みはらいずみ訳 あすなろ書房)
 
 昨日の犬のジェヌビエーブ➡➡は、パリののら犬でしたが、こちらはアメリカ、多分ニューヨークののら犬のお話。
≪家族でピクニックに行くと、犬がいました。ウィーリーと名付けて、一緒に遊んでいると、あっという間に時間が経ち、家に帰る時間になりました。ウィリーは、誰かの犬かもしれず、連れて帰るわけにはいきません。でも、みんな、ずっとウィリーのことが気になって・・・
 次の土曜日も同じ場所にピクニックに行くと…そこに居たのは、網をもっているおじさんに追いかけられているウィリーでした。
首輪もひももない犬は捕まえなくてはならいというおじさんに、 こどもたちは、ベルトをはずし、髪のリボンをはずし、「ウィーリーは、うちのこなの!」≫
 
 実話をもとにできた絵本だと紹介されています。マーク・シーモントは、
「木はいいなぁ」(ジャニス・メイ・ユードリー文マーク・シーモント絵 西園寺祥子訳  偕成社)
「はなをくんくん」(ルース・クラウス文 マーク・シーモント絵 木島始訳 福音館)
「オーケストラの105人・105人のすてきなしごと」(カーラ・カスキン文 マーク・シーモント絵 岩谷時子訳 中川千尋訳 すえもりブックス・あすなろ書房)
などなどの画家でもあり、自然と人の動きをなど丁寧に、しかも、親しみゃすい描き方で表現できる画家だと思います。
 それは一時期ルームメイトだった「かもさんおとおり」などの作者、ロバート・マックロスキーも、画風こそ違え、共通するものがあります。
 そして、二人ともコルデコット賞を受賞しています。マーク・シーモントは「木はいいなぁ」で、ロバート・マックロスキーは「かもさんおとおり」「すばらしいとき」での2冊です。

上の写真の両ページには、犬がたくさん描かれていますが、「ウォーリーウィリーをさがせ」式で探してみると、こどもは、すぐに見つけます。

「かもさんおとおり」(ロバート・マックロスキー作 わたなべしげお訳 福音館)
「すばらしいとき」(ロバート・マックロスキー作 わたなべしげお訳 福音館)

PageTop