FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

犬のハリー

 どろんこハリーj
 戌年なので、今日も犬の絵本。
 くろいぶちのある白い犬の絵本といえば、「どろんこハリー」「うみべのハリー」(ジーン・ジオン文 マーガレット・ブロイ・グレアム絵 わたなべしげお訳 福音館)です。
 なんでもすきだけど、おふろにはいることだけは、だいきらいなハリーです。
 うみべのことなら なんでも すきだけど、かんかんでりのおひさまだけは いやなハリーです。

 「どろんこハリー」「うみべのハリー」だけ読んでいると、ハリーは、いたずら子犬のような気がしますが、実は、けっこうなこだわりやさんだとわかります。
 「ハリーのセーター」(わたなべしげお訳 福音館)では、おばあちゃんからのプレゼントがバラの模様のセーターだったものの、ハリーはそのバラ模様が気に入りません。ところが、バラ模様のセーターの毛糸が鳥の巣に有効活用されたあと、新しいプレゼントのくろいぶちのある白いセーターは、得意満面で着るという具合。(写真、左上)

 「ハリーのだいかつやく/ハリーのうたうおとなりさん」(もりひさし訳 ペンギン社/こみやゆう訳 大日本図書)では、お隣さんの甲高い声を嫌い、牛のなき声を「なんて やさしいこえだろう こんなに ひくくて こえやわらかいこえは きいたことがない」と思い、消防音楽隊のチューバの音には「牛のなきごえよりも ひくくて やわらか」だと思い、蛙の鳴き声すら「牛よりチューバの音より、ひくくて やわらか」だと考えるハリー。そこで、ハリーのお気に召す音で、おとなりさんの声をかき消そうとするのですが・・・・

 さて、ハリーのシリーズは、ご夫婦コンビによるものですが、犬のベンジーのシリーズは、奥さんのマーガレット・ブロイ・グレアム作(文・絵)によるものです。(続く)

PageTop