FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

シラカバの木の、ずーっと上

ゴッホ15j
(承前) 
 ゴッホつながりで書くはずでしたが、朝、使うフェイスタオルを見て、書きたくなったのは、カリジェの描く「フルリーナと山の鳥」(ゼリーナ・ヘンツ文 アロワ・カリジェ絵 大塚勇三訳 岩波)のこと。
 写真に写る、タオルはもう何年も前の「カリジェ展」のときに買ったまま、お蔵入りしていました。
 年内は、孫が来ているので、洗面所が孫も楽しめる雰囲気にしたくて、フェイスタオルはカリジェ、バスタオルはぞうのババール(これも、何年も前の絵本展で買ったもの)、ハンドタオルは「うさこちゃん」(これは新しく買いました)。

 それで、フルリーナがシラカバの木のずーっと上の枝で寝ていた山の鳥を、枝から降ろすシーンのこのタオルは、原画より空を大きく、星をちりばめているせいか、原画から起こしたデザインとはいえ、原画より、満天の星が感じられるタオルとなっています。
 ただ、元の話は、星空は舞台設定の背景であり、主人公はフルリーナと山の鳥ですから、このタオルのように星空を強調しなくてもいいのです。

 いつか、孫がフルリーナの優しさに触れ、スイスの美しい景色が描かれたこの「フルリーナと山の鳥」を楽しむ日がくることを願います。

 さて、さて、単純なばあばは、歯を磨きながら、横目でこのタオルを見、つい、「Starry Starry Night ♪~」➡➡と口ずさんでおります。(続く)

PageTop