FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

ホドラーと山

ホドラー3j
(承前)
 昨年、スイス ヴェヴェイのイエニッシュ美術館ホドラーのアルプスなどの絵を、ここにも掲載しました。➡➡
 風景の抽象化という言葉通り、風景が細かく写実的に描かれているわけではありません。
 が、しかし、知っている風景なら、ああここね。とわかるような描き方です。
 写真は、スイス シーニッゲプラッテ⇒⇒に行く途中、ホドラーポイントとされる場所。下は、そこから見て描いたと思われる絵。
ホドラーj

 次は、ニーセン山です。山の姿もさることながら、変幻する雲!!!
ホドラー2j
ニーセン15j

次は、世界文化遺産となったシャブレー葡萄畑から見たレマン湖。
シャブレーj
シャブレーjj

 ・・・と、変幻する自然を抽象画で表現したホドラーです。
 確かに、こんな素人をも、毎年スイスに誘うのは、日々違う姿を見せるスイスの自然です。変幻するのは、一日単位ではなく、ほんの数分ということもあって、より、今このときの風景に魅せられ、また、次も、という気持ちが湧いてくるのです。(続く)

☆写真のホドラーの絵は、すべてバ―ゼルのバ―ゼル美術館。風景は上から、2017年、2016年、2015年。

PageTop