FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

オスカー・ラインハルトコレクション「アム・レマーホルツ」その1

オスカー11j
(承前)
 スイス ヴィンタートゥール➡➡ には、オスカー・ラインハルトという美術蒐集家の美術館が二つあります。市民公園に一つと、丘の上の私邸だったところに一つ。
オスカー2j

オスカー3j
 ロンドンのコートールド➡➡、パリのジャックマール=アンドレ美術館➡➡など、こじんまりとしたお屋敷を美術館にしたものは、入場者も少なく、趣味こそ違え、厳選されたものだけが並んでいる美術館なのですが、丘の上にある オスカー・ラインハルトコレクション「アム・レマーホルツ」、ここもその一つ。
オスカー1j
  
開館時間に到着する駅からのシャトルタクシーに乗っていたのは、我々夫婦ともう一組のドイツ語圏の夫婦のみ。
オスカー・ラインハルトコレクション「アム・レマーホルツ」では、どの絵も独り占め。

 美術鑑賞は、趣味でなかったはずの夫も、美術の教科書に出てきた有名画家の連続に、興奮気味。いつのまにやら、鑑賞者というより、スマホ撮影者と化していました。(フラッシュたかなければ写真OK)(続く)

☆写真は一番上から、クラナッハ「(ヨハネス・クスピニアン博士と夫人の肖像」 (ヴィンタートゥール市内の写真➡➡に写る絵)。
 二番・三番の暖炉の上の絵はルノアール。
 四番めは、ルノアールの前にマイヨール。(この空間には、この二つだけ。お互いを高め合っているように思える、いいセンス!!)
 五番目は、一番上のクラナッハの右横に展示のブリューゲル。「雪中の東方の三博士の礼拝」(降りしきる雪が細かく描かれています。)
オスカー8j

PageTop