FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

こいぬとこねこのおかしな話

チャペックj
  5月の新刊に「こいぬとこねこのおかしな話」 (ヨゼフ・チャペック 木村有子訳 岩波少年文庫) があって、嬉しくなりました。
 昔、童心社から出ていた「こいぬとこねこはゆかいななかま」(ヨゼフ・チャペック文と絵 いぬいとみこ・井出弘子訳)です。その後 「チャペックのこいぬとこねこは愉快な仲間」と、なって河出文庫になっていました。

 かつてプラハの小学校に通った事がある訳者の翻訳は、子どもたちにも読みやすくなじみやすいものになっています。
 訳者あとがきにあるように、一番初めに掲載されている「こいぬとこねこが床をあらった話」は、訳者自身が、チェコで友達に話の内容を話して聞かせてもらった楽しい経験があるので、その楽しさが、より伝わるような気がします。

 ≪むかし、森の近くの小さな一軒家に、こいぬとこねこがくらしていました。ふたりは、うちのことならなんでも、人間のおとなと同じようにやりたいと思っていましたが、いつもうまくいくとはかぎりませんでした。…≫で、始まります。

 こいぬが石鹸を食べてしまったり、ブラシがないから、こいぬの毛でごしごしやったり、乾いた布がないからこねこの身体で拭いたり・・・で、ふたりともずぶぬれで、とても汚くなってしまったので、二人はお互いが洗濯物になって洗います。それで、その洗濯物を干すのですが(つまり、二人が、洗濯紐にぶら下がる)、
≪「雨だ!」こいぬとこねこは、さけびました。「せんたくものがぬれちゃう!とりこまないと!」と、ふたりは、せんたくひもからすぐにとびおりると、家まで走って屋根の下に逃げ込みました。「雨、まだふっているかしら?」とこねこが聞くと、こいぬが「もう、やんだみたいだよ。」と、いいました。空を見ると、ほんとうにお日さまが顔を出していました。「じゃあ、またせんたくものを、ほしに行きましょう!」とこねこがいいました。・・・・・≫
 と、また本物の洗濯物のようにぶらさがるものの、また、雨が降ってきたのです!・・・・・を繰り返し、夜になって、
≪「せんたくものが、かわいたから、そろそろかごにいれようか。」と、ふたりはいいました。そして、こいぬとこねこは、そうっとかごに入って丸くなりました。すると、いつのまにかねむくなって、朝まで、ぐっすりねむってしまいました。≫

 さて、最後、洗濯物がかごに入れられる、つまり、この場合は、こいぬとこねこが仲良くかごに入る、という納得のいく終わり方に、めでたしめでたしもより満足のいくものとなるのです。(続く)
☆写真、孫の着ているTシャツは、「こいぬとこねこのおかしな話」の絵。この子の叔母が1歳の誕生日にプレゼントしたもの。

PageTop