FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

泣いていたのは、その母親

キンポウジュj
晩婚化は、晩ばあばにつながり、中耳炎で保育所を休むときの孫のお世話の動員にへとへと・・・
 痛くて、咳も出て眠らなかった孫の世話で、母親も、体調を崩した以上、ばあばが出なければ…たまたま孫の父親は出張でした。

 かつて、カ・リ・リ・ロ自身も、長男を保育所に預け、仕事に出ていました。
 夫は異業種でしたから、ほとんど、手助けしてもらえず、一体どうやって乗り切ったんだろう?
 ばあばと妹を動員して乗り切った気がします。
 ばあばも妹も仕事をしていたのに、多分、飛んできてくれたんだろう・・・・

 長男も中耳炎を繰り返し、次の子がおなかにいる時、しかも雨の中。
 おしっこで濡らしたシートを抱え、時々、抱っこしてやりながら、耳鼻科に通った夜。
 痛くて泣きたいのは、息子だったのに、泣いていたのは、その母親。(続く)
☆写真は、キンポウジュ(ブラシの木)

PageTop