FC2ブログ
 

みんなみすべくきたすべく

妖精のきこりの見事な一撃

      テート6j
 (承前)
 ロンドン テート・ブリテンにあるこの絵「妖精のきこりの見事な一撃」の画家、リチャード・ダッド(1817~86)は、若くして才能を発揮したものの、精神を病み、父を殺害、亡くなるまで43年間精神病院で過ごしました。この絵は1855~64までかかって描かれ、未完成部分を残しています。  

 この絵は、比較的小さな絵ですが、いつも、その絵の前に立つまでは、もっと大きな絵だと考えています。で、実際に目の前にすると、54×39.4センチという大きさなのです。
 この絵の周りには、壮麗なラファエル前派の大きな絵が掲げられていて、小さいのも際立つはずなのに、その絵を見ていると、大きな世界の広がりを感じてしまうがゆえに、実物の大きさを思い違いしてしまうのかもしれません。

 とにかく、細かく描かれています。不思議な容姿の人や妖精たちが、いわくありげに描かれています。 一人ずつ解読していくことも面白いことですが、カ・リ・リ・ロは、一人背中を向けて、今にも斧を下ろそうとしている人間(?)に、いつも目が行きます。この人だけ身体のバランスが普通・・・で、そのあと、その人を正面で見据える小さな老人に目が行きます。この二人を描くために、妖精の世界、草花より小さい世界、謎めいた人たちやその視線などなど、加えていったのだと、勝手に解釈しています。

 描かれているのは、ノーム(地の精)やエルフ(小妖精)、トンボのトランぺッターも居ます。もちろん目立つところには、妖精王のオベロンも女王ティタニアも。
 画面上には、鋳掛屋さんに兵隊さん、船乗りに仕立て屋に農夫、それに薬剤師に泥棒。(これは、イギリスの伝承歌、子どもの占い歌)
 さて、この一撃のあと、それぞれが動き出す・・・それぞれのざわめきが聞こえてきそうです。(続く)

*参考:図録「テイト・ギャラリー(日本語版)」(1996)(サイモン・ウィルソン著湊典子・荒川裕子・平尾左矢子共訳)

PageTop